2012年07月06日

硫化水素が心筋細胞の老化を抑制

硫化水素が心筋細胞の老化を抑制

 熊本大や九州大などの共同研究で、活性酸素が「心不全」を引き起こす仕組みと、硫化水素が心筋細胞の老化を抑制することが解明されました。

心筋梗塞を起こした心臓では、「活性酸素」が多量につくられて心不全を引き起こすことが分かっていました。

研究チームは、活性酸素の代謝により生じる「親電子物質」と特定のタンパク質が反応し、心筋細胞が老化することで心不全が起きることを突き止めました。

加えて、心臓にはほとんど無い2種類の酵素が「硫化水素」を体内で生成することや、硫化水素が親電子物質を分解することも発見しました。

活性酸素:呼吸で取り込んだ酸素の一部が、エネルギーを生産する際に変化して出来る物質。人体を酸化させ、遺伝子や細胞膜を傷つけて老化を促す有害物質であり、がんや脳卒中、糖尿病、心筋梗塞(こうそく)など、数多くの病気との関連が明らかになっています。

硫化水素:硫黄と水素の化合物。ガスは無色で腐った卵のような臭気がある。高濃度の硫化水素ガスにさらされると、目や鼻、のどの粘膜に強い痛みを感じ、中毒で死亡する場合もある。

タグ:硫化水素
posted by ケンゾウ at 11:36 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

自宅で使えるエイズ検査キット-アメリカ

自宅で使えるエイズ検査キット-アメリカ

 FDA(米食品医薬品局)は3日、HIV(エイズウイルス)感染を自宅で検査できるキット「オラクイック」を認可したと発表しました。

医療機関ではないドラッグストアなどの店頭で販売される「HIV検査キット」の認可は初めてです。

オラクイックはペンシルベニア州の「オラシュア・テクノロジーズ社」が開発しました。

口腔内の唾液などを綿棒で採取し、専用の容器に入れるだけで20〜40分で結果が出ます。

非感染者では99%以上、HIV感染者へのテストでは92%の確率で正しい結果が得られます。

また、店頭発売開始は10月の見込みです。
posted by ケンゾウ at 11:54 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。