2012年07月03日

地球最初の生物はナメクジ?

地球最初の生物はナメクジ?

 細菌の様な単細胞生物(千分の一ミリ程度)は、30億年以上前から存在していたらしいことが、化石などから分かっていますが、多細胞生物はこれまで5億5500万年前ごろ(古生代カンブリア紀)のものが最古とされていました。

ところが、この度カナダ・アルバータ大などのチームが、南米ウルグアイで生物が這った(はった)跡の化石を見つけて年代を測定したところ、5億8500万年前ごろのものでした。

この古代生物は、長さ1センチほどのナメクジのような姿で、人間と同じく左右対称の身体を持つ仲間だと考えられています。


タグ:ナメクジ
posted by ケンゾウ at 13:14 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

千葉大が青いダリア咲かせる

千葉大が青いダリア咲かせる

 千葉大大学院園芸学研究科の研究グループが、遺伝子組み換え技術を使って「青いダリア」を咲かせることに世界で初めて成功しました。

研究グループは、2月に青いコチョウランも開発しており、指導教授は「いつかは青い桜を」と意気込んでいるそうです。

ダリアは普通、赤や黄色の花を咲かせます。研究グループは、まず青い花を付ける野草のツユクサから、色を決める遺伝子を取り出して、次に濃いピンク色の一重咲きのダリアの染色体に組み込みました。

こうして誕生した一重咲きの青色ダリアと、桃色の八重咲きダリアを交配させることで、目的の八重咲きの青色ダリアを咲かせました。

染色体への新しい遺伝子の組み込みは、細菌を使って行います。けれども、細菌と植物の相性が悪い場合もあるため、八重咲の青色ダリア完成まで6年もの歳月がかかりました。
青いダリア.jpg


タグ:青いダリア
posted by ケンゾウ at 14:50 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。