2012年05月16日

経験が遺伝子を変化させる?

経験が遺伝子を変化させる?

 標準的な理論(進化論)によると、遺伝子は交配しなければ変化しないことになっています。

しかし今日では、生活環境や加齢によって遺伝子の働きが変化することが分かってきました。

この様な、生まれた後に起きる遺伝子の働きの変化を「エピジェネティクス」といい、分子生物学における新たな研究対象として注目されています。

(最近発表された二つの研究)
 虐待を経験した人の遺伝物質に変化が生じたという証拠が発見されました。虐待やストレスにより、遺伝子のテロメアが短くなったり(寿命が短くなる)、メチル化(遺伝子が使えなくなる)が生じたのです。

またこれとは逆に、体に良い食生活や、適度な運動を行うなどにより生活スタイルを大幅に変えることで、体の変化だけでなく、遺伝子レベルでの大きな変化(病気を防ぐ遺伝子の活動が活性化するなど)が即座に引き起こされるという研究結果も発表されました。

【補足説明】
テロメア
 染色体の末端にある染色体を保護する構造物。テロメアは、細胞が分裂するたびに短くなっていく。人間の”線維芽細胞”を培養すると、およそ50回の分裂で増殖が止まる。

テロメアが短くなり過ぎて染色体を保護できなくなり、細胞が死ぬからだと考えられる。無限に分裂を繰り返す「がん細胞」や「生殖細胞」などには”テロメラーゼ”という酵素があり、テロメアの短縮を防いでいる。

線維芽細胞(せんいがさいぼう)
線維芽細胞は、真皮成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を生産し、コラーゲンを束ねて真皮を構成する細胞です。
posted by ケンゾウ at 13:05 | Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。