2012年04月12日

超薄膜のLED-ガラス窓発電も可能?

超薄膜のLED-ガラス窓発電も可能? 

 青色発光ダイオード(LED)の材料となる半導体の”窒化ガリウム”の超薄膜を、低コストでつくる方法を神奈川県厚木市の「NTT物性科学基礎研究所チーム」が開発し、12日付の英科学誌ネイチャーに発表しました。

チームは、基板の上にはがれやすい別の結晶を層状に作っておいて、その上に窒化ガリウムの薄膜を製作することで、薄膜だけはがし取ることに成功しました。

やわらかくて折り曲げられる薄型LEDや、ガラス窓に貼って使える太陽電池などへの応用が可能と考えられます。

同研究所の主幹研究員は「紙やプラスチック、金属などにも貼り付けられるので、応用範囲が大きく広がる」と語っています。

【用語解説】
窒化ガリウム(ちっかガリウム、GaN):ガリウム(青い光沢がある金属結晶、融点摂氏 29.8℃)の窒化物(窒素と窒素より陽性の元素との化合物)であり、主に青色発光ダイオード(青色LED)の材料として用いられる半導体。

LED:電流を流すと発光する半導体(電気を通しやすい「導体」と電気を通さない「絶縁体」との中間の性質を持つ物質)素子の一種。
bled01.jpg

タグ:LED
posted by ケンゾウ at 10:54 | Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。