2012年03月22日

草原は面積当たりの植物が世界一多様

草原は面積当たりの植物が世界一多様

 植物の種類が豊富な所といえば熱帯雨林ですが、ごく小さな面積でみた場合は、草原の方が植物の種類が多いとわかりました。

多様な植物生態系に関する研究で、世界中を調査した結果「50平方メートル未満の範囲でいえば、植物種が最も多様なのは草原」と結論付けられています。

また、あまり肥沃でない刈り取られた牧草地などの方が多くの植物種に恵まれていることも分かりました。

もちろん面積を限定しなければ、植物相が一番豊かな場所は熱帯雨林です。

◆面積あたりの植物多様性◆
1ヘクタール(1万平方メートル)の世界一はエクアドルの熱帯雨林で、942種の植物が確認されています。

100平方メートルのトップは、コスタリカの熱帯雨林で233種でした。

49平方メートルだとチェコの草原で、131種が生息しています。

1平方メートルだとアルゼンチンの草原で、89種が生息。

0.1平方メートルではルーマニアの草原が43種でトップでした。

日本の場合はどうなんでしょうね・・・
タグ:草原 植物
posted by ケンゾウ at 14:12 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。